学校経営方針

教育目標

『知・徳・体の調和のとれた人間性豊かな生徒の育成』
         ~個性豊かで、明るく、たくましい生徒~

経営の方針

ユニバーサルデザインの視点を生かした教育活動を展開し、
「自分が好き、友達が好き、四中が好き」と言える、生徒の育成を目指す。

 ○ユニバーサルデザインの視点を生かした教育活動を展開するとは……
  1 どの生徒も参加できる(参加したい)活動になるよう工夫する。
  2 どの生徒も達成感が得られるよう、個に応じた柔軟な目標設定や支援を行う。
  3 安全で安心して活動できる環境を設定する。
  4 生徒が求める(生徒に必要な)情報をわかりやすく提供する。
  5 間違いや失敗を許容し、試行錯誤する機会と時間を保証する。

 ○「自分が好き、友達が好き、四中が好き」と言える生徒とは……
  「自分が好き」 自分の良さや可能性を認められる生徒
  「友達が好き」 人は皆違い、其々の良さがあることを認められる生徒
  「四中が好き」 何事にも意欲的に取り組み、母校に誇りが持てる生徒

 ○経営方針を実現させるために(目指す教師像)
  1 生徒理解に努め、個々の生徒を大切にする教師
  2 絶えず研究と修養に努め、協働できる教師
  3 保護者や地域への説明責任を果たし、信頼される教師

経営重点

(1)学力の向上を図る。

  ○指導方法のユニバーサルデザイン化を推進する。

   指導目標の明確化 学習ルールの確立 授業環境の整備
   ICT及び図書資料の積極的活用、言語活動の充実など指導方法の改善

  ○個に応じた指導の充実を図る。

   生徒理解に基づく適切な指導・支援の実施
   少人数授業(2年英語)の実施 T.T授業(3年数学)の実施
   指導と評価の一体化  校内学び塾の実施

  ○理科センター校として、小学校・高校・関係機関との相互連携を推進し、理科教育の充実を図る。

  ○家庭学習の充実を図る。

   1日1ページ学習  e-ライブラリーの活用

(2)豊かな心を醸成する。

  ○道徳性を培うための活動を推進する。

   挨拶運動の推進 委員会活動等の励行 いじめ撲滅キャンペーンの推進

  ○「寄り添う」「つながる」「みんなで」との生徒指導基本方針に基づき、規範意識の醸成を図る。

  ○特別支援教育の視点を大切にした教育相談体制を構築する。

  ○ブロック連携による交流や職場体験を計画的かつ継続的に実施する。

  ○朝読書の時間を確保し、めあてが明確な読書活動を推進する。


(3)健康な心身を培う。

  ○基礎的体力の向上を図る。

  ○健康・安全教育を包括的に推進する。

   自転車・SNS・薬物等に関する啓発活動の推進

  ○実効性のある防災訓練を実施し、防災意識を高める。


(4)中学校ブロック内の連携を一層推進する。

  ○連携協議会に専門部会を設け、活動の発展を図る。



Copyright (c) Ichikawa 4th junior high school. All rights reserved.